【やっぱり「今」なのです!】これからのベビーシッターココロカンパニーが大切にしたいこと

久しぶりの投稿となります。
雨が続き被害に遭われた方々には心からお見舞いを申し上げます。

ベビーシッターココロカンパニーも6月より段階を踏みながら少しづつ通常の営業に戻っております。

コロナウイルスの蔓延で学んだこと

緊急事態宣言の発動中は

今までのこと
これからもこと

色々と考える時間が出来ました。

そして「今」を生きることがどれだけ大切かということを私自身も痛感したものです。

自粛期間中は、お仕事をお持ちのお父様、お母様は「リモートワーク」を強いられ、お子様の通う保育園も可能な限り自宅保育をお願いをされた方々がほとんどでした。

勿論、命を守るころが最優先。
今まで出会ったことのないウイルスと戦っていくにはそれしか方法がなかった。

しかし時間が経つにつれて、やはり疲れだったり、諦めだったりネガティブな感情が皆出てきましたよね。

我慢の限界。お客様からヘルプ要請がきた

ちょうど緊急事態宣言が明けるころ、一本のお問い合わせ連絡をいただきました。

「もう我慢の限界です。育児と家事、そして仕事。どれをとっても中途半端。これではテレワークも全く意味がない。毎日がカオス状態(笑)シッターさんにお願をしたい。」

皆さん色々と試行錯誤やってみたものの、やはりここは無理だった!という答えが出てこられた頃だったのでしょうね。

人はやっぱりリアルな関わりが必要

コロナウイルスの蔓延により、人との関わり方も一変しました。

でも私は思います。

人同士がリアルに

語り合うこと。
笑い合うこと。
触れ合うこと。

それは、「今」を生きていく為には、絶対に必要なことなのです。

他者同士が認め合い、語り合い、笑顔で触れ合うことは、確実に人のエネルギーと変化するものなのです。

ママに抱きつく子ども

今回の自粛でお客様からベビーシッターとして「今」何が出来るのか色々な提案も頂きました。
ありがとうございます。
少しづつこれからの新しい時代に即したベビーシッターというものを作っていきたいと考えています。

見えないウイルスとの戦いはまだまだ続く

コロナウイルスとの戦いはこれからも続いていきます。油断は出来ません。今後も予防には万全な対策をとりつつ、お子様や保護者の方に喜んでいただけるシッティングを心掛けていきます。

引き続きどうぞよろしくお願いを申し上げます。

手にいっぱいのお花

関連記事

  1. 【新一年生入学おめでとう!】嬉しいニュースです。

  2. イベント託児の様子

    ♫ココロスタッフ!

  3. 【ベビーシッターと共に】心豊かになるためのお手伝い!私も全力で関わりま…

  4. 包み込むハート

    「今」目の前にあることを大切に

  5. 【新年のご挨拶】2021年は軽やかなにスピーディーに柔らかく☆

  6. 両手をにぎられている赤ちゃん

    【ベビーシッターココロカンパニーLINE公式活用法】ありがたきお客様か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)