いくつになっても子ども達と関わるお仕事は続けたい!

「子どもとかかわる仕事をしたいけれど、保育園などの大きな集団では体力的にもたない・・・・。」
そのような保育士さんの声を耳にします。

保育園では、多数の子ども達と一同に関わる場面が多々あります。
子ども達を安心、安全に保育することはどの現場でも同じこと、全力で関わる必要があります。

しかしそこには、ご自身のカラダも少し無理させてしまう場面もあるのではないでしょうか。

腰を悪くしてしまった。
膝を無理させてしまった
なかなかお手洗いに行けずに膀胱炎になってしまいました・・。

というお話をよく伺います泣き3

当然、年齢が重なれば、それは現実的な問題です。
でもそこで、大好きな子ども達と関わるお仕事を諦めてほしくはありません。

ココロカンパニーのお客さまからは、そんな皆さまの保育現場での積み重ねや
子育て経験での知識を求められることが多いです。
ココロカンパニーのモットーは

笑顔のお手伝い「あったらいいな!」をカタチにします!

母であり、保育現場経験者である私たち。ベビーシッターだからこそ出来る

個別で丁寧な関わりでお子さまと関わるお仕事をしませんか。

 

 

 

 

 

 

 

●ご自分の都合に合わせてお仕事が出来ます!
●自分が積み上げた保育のキャリアをまたシッターというカタチで発揮することが出来ます!
●あなたの経験が社会貢献に活かせます!

◆◆ココロカンパニーのお仕事説明会を10月9/23/30の月曜日に開催しております。下記フォームからお申込みください。

 

 

関連記事

  1. 【新年度に向けてのご準備を!】病児保育もご提供します。こんなときにベビ…

  2. 【お仕事中の託児つき】ベビーシッターお仕事説明会

  3. 【今までの支出分を見直し!】保育の無償化でベビーシッターを利用してみま…

  4. 【ご紹介 】ベビーシッターを保険に。お得に利用するシッターチケットのご…

  5. 個人宅でのベビーシッターが大事にすべき3つの「信頼関係」とは?

  6. 雲のハートに虹がかかる

    福岡市はもちろん、大野城市、春日市、那珂川町などにもお伺いをいたします…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)