笑顔 あふれでるもの 
喜び わかちあうもの 
信頼 かけがえないもの

Kokoro*Companyの理念に基づきお子様をお預かりいたします。

大切にしているのは「丁寧な関わり」

生後1歳半くらいまでのお子さまにとって、個々の生活リズムを重視して、食欲、睡眠、排泄などの生理的欲求を満たし、生命の保持と、生活の安定が一番大切なことです。2歳以上のお子さまは、生活や遊びの中で言葉のやりとり等を楽しみます。興味のあることや、経験したことなどを好きなように表現します。このように私どもシッターは個々のお子さまの発達発育に合わせた「丁寧な関わり」を大切にしています。

なぜ、成長発達に合わせた「丁寧な関わり」が出来るのか

ココロカンパニーのシッターは、全員保育士や幼稚園での現場経験、また子育ての経験者です。育児書やインターネットでは伝わってこない、子育てのエピソードをたくさん持っています。この経験からお子さまの成長発達に合わせた見守りや受け入れなどが出来るのです。
また、シッティングを終了後、シッターは直接代表に業務終了報告をすることで、お子様の様子やご家庭の状況を会社全体で共有します。以上のことが丁寧な関わりに繋がるのです。

ご家族がホッと一息つける居場所作り

お父様、お母様は平日はお仕事中心の生活。
お休みの日もゆっくり休むことなく

子どものために

と思いつい、ご自分のことを後回しにされていませんか。
特に体調管理。疲れた体を押し切ってまでお子さまと関わることは、ご自身の体は勿論ですが、時にお子様も不安にさせるものです。
小さなお子様方でもお父様、お母様の変化はちゃんと感じていますよ。

そんな時は、少しの間ベビーシッターにお子様をお任せいただき、ご両親のリフレッシュ時間を作られてはいかがでしょうか。

◆ゆっくりカフェでお茶を飲んだり
◆好きな映画を観たり
◆ウィンドーショッピングを楽しんだり
◆ご自分のための体力作りの時間に
◆やりたかった勉強の時間に・・。
◆しっかりと睡眠をとる!もありですよね。

ご両親の心と体の安定は、お子様の情緒にも大きく影響してきます。

休憩することはとても大切なこと。

一旦気持ちをリセットした後、お子様と思いっきり関わってほしいと思います。