手づかみで食べたいの!!

保育園に入れない、預ける先のない、乳幼児をお持ちのママ達が安心して、シッターのお仕事が出来るように、託児のシステムを整えました。

●ご自分の都合に合わせてお仕事が出来ます!

●お子さんを預ける場所の心配はいりません!

●自分が積み上げた保育のキャリアをまたシッターというカタチで発揮することが出来ます!

●あなたの経験が社会貢献に活かせます!

10月は毎週月曜日に説明会を開催しておりますお願いします

 

詳しくはこちらから♬

今日はお子さまの食事風景に良く見られる「手づかみ食べ」についてです。

手づかみ食べは生後9か月頃から1歳過ぎのお子様の発育、発達にはとても大切なことです。しかし、ママはつい、

 

汚れる困る

片付けが大変あせ

時間がかかる顔4

 

などの理由で、させない方も多いようです。

(確かに慌ただしい毎日。少しでも手間は省きたい・・。そこもよくわかリます笑い

しかし、手づかみ食べは、食べ物を触ったり、掴んだりすることで、その固さや感覚を体験します。これにより、食べ物への興味が湧いてきます。

また、手づかみ食べは決して遊んでいるのではなく、

飲ませてもらう、食べさせてもらう

という受け身の行動から、自分から食べ物を口に入れるという能動的行動へと大きな変化となります。これが成長の過程にはとても大切なことなのです。

今日は少しだけ時間に余裕を持ってべー

多いに「手づかみ食べ」をさせてあげてみてくださいね!

 

関連記事

  1. 仲良し兄弟

    ココロカンパニーが考える子育ての支援って(^^♪

  2. 【シッターの気付!】大変な時こそ皆んなで笑おう!

  3. 生後9か月の赤ちゃんだって認識し納得すれば落ち着くのです。

  4. 虫の観察

    ベビーシッターだからできるお子様の成長サポート

  5. どこの国でも子どもの元気が一番のエネルギー☆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)